HOME > 伝統工芸品 > 関の刃物

関の刃物

関の刃物
人気
知名度
インパクト
オススメ度
【カテゴリー】 [中濃のお土産] [伝統工芸品]

700年も前から刃物の町として名高い関市。 鎌倉時代からの歴史と伝統は今も受け継がれており、日本一の刃物産地として知られています。 包丁、アウトドアナイフなどのキッチン用品から はさみ、爪切り、ひげそりなどの日用品まで様々な製品がつくられています。


刃物まつり

刃物の町・関市では、毎年10月の第2土・日曜日に刃物まつりが行われます。
市内約50店の刃物会社が出店する注目の「刃物大廉売市」では、 通常の2~3割引のお値打ち価格で購入が可能です。

他にも、国内外のナイフメーカーがカスタムナイフなどを展示販売する「関アウトドア・ナイフショー」、 古式日本刀鍛錬や刀剣研磨等外装技術の実演、居合道の据え物斬りや抜刀術の実演、刀剣展、 アウトドアナイフショーなど様々なイベントも一般公開されます。

【日時】
毎年10月の第2土・日曜日
【アクセス】
◆電車
①名古屋(JR東海道本線・名鉄名古屋本線 約30分)→岐阜(岐阜バス 約50分)→関
②美濃太田(長良川鉄道 約20分)→関
◆高速バス
  名古屋(直行便 約1時間10分)→関
◆車
① 関I.C(東海北陸自動車道 約10分)→関市役所駐車場(刃物まつり臨時駐車場)
② 美濃I.C(東海北陸自動車道 約10分)→関市役所駐車場(刃物まつり臨時駐車場)
   ※高速道路でお帰りの際は、関テクノハイランドを通過し、美濃ICの利用が便利です
③ 富加関IC(東海環状自動車道 約15分)→関市役所駐車場(刃物まつり臨時駐車場)

ピックアップ

↑ PAGE TOP