HOME > 郷土料理
岐阜県の郷土料理

朴葉味噌 朴葉味噌
朴葉味噌は飛騨高山地方で古くから親しまれてきた焼き味噌です。 朴葉の葉の上に飛騨味噌をのせ、その上に削り節、ネギ、椎茸の細切りなどをのせて一緒に焼きながら食べる郷土料理で、のせる具は野菜や肉など何でもよく好きなものを焼いて食べるのが飛騨の風習です。


高山ラーメン 高山ラーメン
深い山々に囲まれた飛騨高山のご当地ラーメン。地元では、ラーメンと呼ばず「中華そば」と呼ぶのが一般的です。高山の街を歩いていると「中華そば」というのれんを掲げたお店が多く見られます。 飛騨高山の高山ラーメン(中華そば)は、基本的には醤油味です(最近では色々な味も登場しています)。


五平餅 五平餅
五平餅とは、木曽・伊那地方から岐阜、三河の辺りに伝わる郷土料理です。 馬籠の出身でもある島崎藤村の「夜明け前」の一節にも出てくるように、この地方では古くから珍重されています。 木の棒に潰したのうるち米を串焼きにしたもので、地域によってわらじ型やだんご型と形が異なり、 タレも味噌味や醤油味などの・・・


朴葉ずし 朴葉ずし
朴葉ずしとは、朴の棄に竹の子、鮭の切り身、椎茸、紅ショウガなどをのせた寿司飯を包んだ美濃地方〜木曽地方にかけての郷土料理です。俗に言う『ちらし寿司』を想像していただければ、イメージが湧くかと思います。地域によって、ご飯の中に具を混ぜ込む「混ぜ型」と、ご飯の上に具を乗せる「乗せ型」があります。


へぼ料理 へぼ(蜂の子)料理
蜂を食べる習慣のある地域は全国にいくつもありますが、この岐阜県にも蜂を食べる文化が存在します。 その地域とは岐阜県東濃地方です。この地域にはへぼ料理という郷土料理があります。 『へぼ(蜂の子)』とはクロスズメバチのことで、地中の中に巣をつくる体長2cmほどの蜂です。


鶏ちゃん 鶏ちゃん
鶏ちゃんとは、飛騨地方南部から奥美濃にかけて食されている鶏肉を使用した料理です。 名前の表記には、「鶏ちゃん」、「けいちゃん」、「ケイチャン」、「ケーチャン」といった様々なバリエーションがあります。


銘菓 へ 伝統工芸品 へ