岐阜県の外国人登録者数


国内で比較 | 県内で比較 | 国籍別に比較

【県内で比較】

岐阜県内で外国人が最も多いのは岐阜市

岐阜県内の市町村別で比較してみると、 県内で最も外国人登録者数が多い市町村は、 岐阜市の9,111人(H21.6末)。

外国人登録者数トップ10【県内】
順位 市町村名 外国人登録者数(人)
1 岐阜市 9,111
2 可児市 6,609
3 大垣市 6,258
4 美濃加茂市 5,716
5 各務原市 4,158
6 関市 2,395
7 瑞穂市 1,918
8 土岐市 1,666
9 多治見市 1,530
10 垂井町 1,238
平成20年6月末
参考資料:岐阜県統計課ホームページ


市町村人口に占める外国人の割合では美濃加茂市がトップ

先程は外国人の数の比較でしたが、各市町村の人口に占める外国人の割合で比較してみると、美濃加茂市が 10.6%でトップになっています。
実に美濃加茂市の人口の10人に1人は外国人ということになります。

2位は9.2%で坂祝町、3位は6.7%で可児市と続いています。

市町村人口に占める外国人の割合
順位 市町村名 人口に占める割合(%) 外国人登録者数(H21.6末) 推計人口(H21.7.1)
1 美濃加茂市 10.54% 5,716 54,251
2 坂祝町 9.21% 773 8,390
3 可児市 6.68% 6,609 98,974
4 垂井町 4.31% 1,238 28,709
5 大垣市 3.88% 6,258 161,226
6 瑞穂市 3.70% 1,918 51,825
7 各務原市 2.87% 4,158 145,066
8 土岐市 2.74% 1,666 60,845
9 輪之内町 2.72% 263 9,677
10 神戸町 2.62% 528 20,174
平成20年6月末
参考資料:岐阜県統計課ホームページ




国内で比較 | 県内で比較 | 国籍別に比較


面積・人口 <前へ HOME 次へ> 日本一