HOME > 日本三大○○

日本三大○○


自然建物文化

【自然】

淡墨桜
日本三大巨桜
岐阜県本巣市の淡墨公園内にそびえる淡墨桜は、樹齢1500年以上、高さ16.3m、幹周り9.9mの巨木です。 今から遠い昔、古墳時代からあるこのエドヒガンザクラの古木は、大正時代に国の天然記念物にも指定されました。
蕾は薄いピンク、満開時には白色に、散り際には淡い墨を引いたような色になります。
例年の見ごろは、4月上旬〜中旬となっています。
【所在地】岐阜県本巣市根尾板所(淡墨公園内)
【その他の三大巨桜】
三春滝桜(福島県三春町)、神代桜(山梨県北杜市)


長良川
日本三大清流
長良川は、長さ166km、流域面積1985km2の一級河川です。
岐阜県郡上市の大日ヶ岳に発源し、岐阜市街を経て濃尾平野を南流、三重県桑名市で伊勢湾に注いでいます。
長良川は、岐阜の名物・鵜飼いでも有名で、毎年鵜飼いシーズンには、岐阜市の長良川鵜飼や関市の小瀬鵜飼が行われており、夜の長良川が幻想的な世界に包まれます。
【その他の三大清流】
四万十川(高知県)、 柿田川(静岡県)


下呂温泉
日本三名湯(林羅山による)
下呂温泉は、70軒ほどのホテル、旅館、保養施設などからなる温泉街です。その大きさは県内最大級で、年間140万人もの観光客が訪れます。
泉質はアルカリ性単純温泉で、リウマチ性疾患、運動機能障害、神経症、神経麻痺、病後回復、疲労回復など、美容や健康づ<りにも優れた効果があるとされています。
【その他の三名湯】
有馬温泉(兵庫県)、草津温泉(群馬県)



【建物】

岩村城
日本三大山城
岩村城は恵那市岩村の城山山上にあったお城です。本丸は海抜717m、日本一高い場所に位置していました。
この辺りは霧が多く発生するため、別名・霧ヶ城と呼ばれることもあります。
現在は、城の姿はなく、石垣だけが残っていますが、石垣だけでも見ごたえがあります。
【その他の三大山城】
高取城(奈良県)、備中松山城(岡山県)


御母衣ダム
日本三大ダム
御母衣ダムは、岐阜県の北西部、庄川上流にあるロックフィルダム(岩石を積み重ねてつくるダム)です。
昭和35年に完成したこのダムは、高さ131m、有効貯水量3.3憶トン、最大出力21.5万キロワットを誇る、日本でも有数の巨大なダムとなっています。
【その他の三大ダム】
奥只見ダム(福島県)、黒部ダム(富山県)


恵那山トンネル(中央自動車道・岐阜県−長野県)
日本三大トンネル
中央自動車道の園原IC - 中津川IC間にあり、長野県下伊那郡阿智村と岐阜県中津川市とを結ぶ長大トンネルです。
延長は上り線が8,650m、下り線が8,489m。1975年の開通当初は道路トンネルの中で日本一の長さでした。2010年8月現在は関越トンネル、山手トンネル、飛騨トンネル、アクアトンネルに続き第5位の長さです。(Wikipediaフリー百科事典より抜粋)
【その他の三大トンネル】
関越トンネル(関越自動車道・群馬県−新潟県11,055m)、新神戸トンネル(兵庫県7,175m)



【文化】

白川郷
日本三大秘境
白川郷は、合掌造り、世界遺産などで知られ、年間120万人もの観光客が訪れる観光地となっています。
豪雪地帯特有の気候に対応するために生み出された先人の知恵や工夫が今なお引き継がれており、日本の原風景が広がります。
【その他の三大秘境】
祖谷(徳島県三好市)、椎葉村(宮崎県)


高山祭
日本三大曳山祭・三大美祭、日本三大山車祭
高山祭は、毎年春(4月14、15日)に行われる山王祭と、秋(10月9、10日)に行われる八幡祭の総称で、高山の名物です。
豪華絢爛な屋台が町中を練り歩く光景は、多くの見物客を魅了します。
【その他の三大曳山祭・三大美祭】
秩父夜祭(埼玉県秩父市)、祇園祭(京都府京都市)

【その他の三大山車祭】
祇園祭(京都府京都市)、長浜曳山祭(滋賀県長浜市)


郡上おどり
日本三大民謡
郡上おどりは、郡上八幡の伝統的な盆踊りです。
毎年7月中旬から9月上旬にかけて、延べ32夜開催され、8月13〜16日は、明方まで夜通し踊り続ける「徹夜踊り」で盛り上がります。
【その他の三大民謡】
花笠踊り(山形県)、阿波踊り(徳島県)


高山の朝市
日本三大朝市
高山の朝市は、陣屋前(陣屋前朝市)と、宮川沿い(宮川朝市)の2か所で毎日開催されています。 各テントには、野菜や漬物、工芸品などがずらりと並び、また飛騨高山の観光客も多いことから、飛騨の赤かぶ漬やさるぼぼといった名物も見受けられます。
【その他の三大朝市】
輪島(石川県)、勝浦(千葉県)or 呼子(佐賀県)




日本一 <前へ HOME 次へ> 有名人