HOME > 岐阜県の方言

岐阜県の方言〜岐阜弁〜


ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

方言 意味 備考
【ア行】           ア行 / カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行
あかすか だめですよ
あかむ 沸く
あじない まずい
あつくらしい 暑苦しい 「あつくらしい格好して」⇒「暑苦しい格好して」
あのよー あのですね
〜あらすか 〜であるわけがない 「そんなわけあらすかー」⇒「そんなわけがない」
あらせん、あらへん 合わない
あんき 安心
あんたんたあ あなたたち
あんばよー しっかり、ぬかりなく
いいころかげん いいかげん
〜いかした、いらした 〜いかれた
いかすか 行かない
いきしなに 行くときに
いけれん 行けれない
いざらかす 動かす
いっとくけどねー 言いますけどねー
いわんこっちゃない 言うまでもない
いわした 言いなさった
いんね いいえ
えーて よろしいですのよ 「これどうぞ」「えーて、えーて」⇒「これどうぞ」「そんなに気を使ってくれなくていいですよ」
えか よろしいか 「〜しときんさいよ、えかッ」と言われると、思わず「はい」と言ってしまう。
えぞくらしー わずらわしい
えらい つらい、苦しい 「走ったもんで、えらい」⇒「走ったので、苦しい」
えんな いいですよ
おーじょうこく 難儀
おく 止める
おぞい お粗末、悪い
おそがい 怖い
おたんちん 間抜け
おぼわる 覚えることができる 「全然おぼわらん」⇒「全然覚えることができない」 岐阜県民には、方言という意識はほとんどなく、若者も多用する。
おまはん あなた
おりんさった いらっしゃった
おんさった きなさった、いらっしゃった
おんし あなた 主に年配者が用いる。若者は使用しない。
おんしんたあ おまえたち 主に年配者が用いる。若者は使用しない。
【カ行】           ア行 / カ行 / サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行
〜かいの 〜ですか
かいろ 帰ろ
かう 掛ける 「鍵をかう」⇒「鍵を掛ける」
かがはいー まぶしい
〜かしゃん 〜ではないか
がばり 画鋲 年代を問わず使用される。
〜かね 〜ですか
かまう ちょっかい
〜からかして (徹底的に)〜しまくる 「言いっからかして」⇒「言いまくって」
かんかん 硬い 「カンカンに凍っとるわ」など。
かんこーする 工夫する 「勘考」で一般的な辞書にも見られる語であるが、これは「じっくり考える」という意味で、 方言的な「工夫する」という意味とはずれている。
きこえすか 聞こえない
きたりびと よそ者
きよった 来た
きんのう 昨日
くろ 隅、端 「道のくろ歩かんとひかれるに」⇒「道の端を歩かないとひかれますよ」
くろにえ 青あざ、皮下出血 「くろにえとる」⇒「青あざになっている」
年代を問わず多用する。
ケッタ 自転車 比較的新しい方言であるが、すでに若者の間では廃れはじめており、「チャリ」に置き換わりつつある。 蹴りたくる→蹴ったくる→ケッタと変化した。
〜けー 〜ですか
〜げー 〜ですよ
ごーがわく いらいらする
こーとい 地味
こく 言う 「ウソこくな」⇒「ウソを言うな」
こすい 利口だ 「こすい」は一般に「ずるい」、「ケチだ」など悪い意味で用いられるが、岐阜県や三重県北西部では、 「利口である」など良い意味でも使われる。
こないだ この間
ごぶれーいたしました 失礼しました
(お金を)こわす (お金を)くずす 岐阜、愛知、富山などで使用される。
【サ行】           ア行カ行 / サ行 / タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行
〜さった 〜なさった
〜さらんか 〜ください
〜さる 〜なさる
〜しやー 〜しなさい、〜するといいですよ
しゃちやく おせっかいを焼く 良い意味では用いない。岐阜市周辺の非常に限られた地域のみで使われる。
〜しんと 〜しないと
じん 「きんのう、あのじんに会ったわ」⇒「昨日、あの人に会いましたよ」
すか はずれ
〜せー 〜なさい
〜せいが 〜すると
そーやて そうですね
そーましい やかましい、にぎやか
【タ行】           ア行カ行サ行 / タ行 / ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行
だしみっともない 「みっともない」の強調
だだくさ しまりがない、乱雑
だまくらかす だます こう言われると、いかにも「だます」という感じがするのは不思議である。
〜たるわー 〜ってあげるわー 「オレがもったるわー」⇒「俺が持ってあげるわー」 若者も使用する。
たわけ、たーけぇー 馬鹿 「馬鹿」よりきついニュアンス。 地元民は「たわけ」と言われると、ひどくショックを受ける。
たるい 残念、つまらない、かなしい
ちーと すこし 若者は「ちょびっと」を用いる。
ちゃっと 早く 「ちゃっと片付けやー」⇒「早く片付けてしまいなさい」
ちょーすく 生意気
ちょーらかす だます、おだてる
ちょびつく ふざける
ちんちん 湯が非常に熱いさま 「このお茶チンチンやもんで、飲めん」⇒「このお茶は非常に熱いので、飲むことができない」
つくねる まとめておく
つける よそう 「ご飯つけて」⇒「ご飯よそって」
づつない 胸焼け
つもい 窮屈 「この靴つもいわ」⇒「この靴小さいわ」
若者も多用する。
つる 持ち上げて運ぶ 「机つるで、そっち持って」など。 岐阜県や愛知県西部の小学校では、この言葉を知らないとやっていけないほど、日常的に使われる。
てーもない とんでもない、大変
でんち 防寒用の袖なしのはんてん 中部〜近畿で用いられる。
どうやね どうですか?
どえれー すごい
どこぞかんぞ どこか
どべ びり、最下位 中部地方で用いられる。
〜とる 〜ている 「今テレビ見とる」⇒「今テレビを見ている」
〜とれ 〜なさい 「静かにしとれ」⇒「静かにしていなさい」
【ナ行】           ア行カ行サ行タ行 / ナ行 / ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行
なぶる 触る、いじる 東海、北陸、近畿で用いられる。
なまかわ 怠惰、無気力 岐阜や愛知で使用される。
なも ですね
なりゃせん ならない
なんちゅう なんという 「なんちゅうこっちゃ」⇒「なんということだ」
なんやったね 何だったでしょうか
なんやね 何でしょうか
にすい 弱い、鈍感 中部〜近畿にかけて使用される。
ぬくたい、ぬくとい 温かい
のーて なくて 「鍵がのーて困ったわ」⇒「鍵がなくて困ったわ」
のける どける
【ハ行】           ア行カ行サ行タ行ナ行 / ハ行 / マ行ヤ行ラ行ワ行
〜はな 〜当時
ばばい 汚い
ばりかく ひっかく
はよ 早く 「はよしやー」⇒「早くしなさい」
ビーシ 模造紙 「そのビーシ(B紙)に描いて」など。他県の人が聞けば、「ビーシって何?」となるのだが、 岐阜県民や愛知県民は標準語であると信じて疑わない。
ひきずり すきやき 岐阜市周辺やや愛知県で使用される。他県の人が聞いたら、何の事だかさっぱりわからない言葉だろう。
びく 女性
ひぼ ひも(紐)
ペーシ ページ
〜べた 〜側
へっつける くっつける
へともない 問題ではない
ほうしたら そうしたら
ほーか、ほーかね そうですか 「あーほーかね」⇒「あら、そうですか」
決して「アホか」と言っているわけではない。
ほーやて 本当ですね
ほかる 捨てる 東海、北陸などで使用される。
ほせ
ほんで それで
ほんでも しかしながら
【マ行】           ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行 / マ行 / ヤ行ラ行ワ行
まーおいた もうやめた
〜まい 〜しましょう 「どっか行こまい」⇒「どこかへ行きましょう」
語尾に「まい」を付けることで、少し気取った感じになり、若者も多用する。
〜まくった 〜してしまった
まめ 元気
まわし 準備 岐阜や愛知で使用される。
みえますか? おいでになりますか?
もーやっこ 分ける
〜もんで 〜ですので
【ヤ行】           ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行 / ヤ行 / ラ行ワ行
やぐい 弱い
やっとかめ 久しぶり 岐阜県と愛知県で使用される。
〜やて 〜ですよ
〜やで 〜ですので
やにこい やりにくい
やめる 痛む
〜やらぁ 〜でしょう
やらしー 恥ずかしい(遠慮)、嫌だ
〜やろー 〜でしょう
ようけ たくさん 「ようけ持っとるなー」⇒「たくさん持っていますね」
よったいな おかしな
よばれる 招かれる、頂く
【ラ行】           ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行 / ラ行 / ワ行
らしもない 乱雑
【ワ行】           ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行 / ワ行
わっち
わりかし わりあい、わりと

参考文献:
1.松尾 一(2008)『やっぱ岐阜弁やて!』まつお出版
2.真田 信治、友定 賢治(2007)『地方別方言語源辞典』東京堂出版




有名人 <前へ HOME 次へ> ロケ地