日本一大きい天狗像


美濃加茂市 、JR古井駅から徒歩10分ほどの所にある『古井(こび)の天狗山』。 ここには日本一大きい天狗像が祀られています。
高さはなんと12m!遠くからでもその存在感に圧倒されます。
また、この大天狗のほかにもここには数多くの天狗が祀られています。

なぜ天狗が祀られているかというと、 この地に本部をおく『荒薙教(あらなぎきょう)』という 神道系の宗教施設が関係しているようです。

荒薙教は、 今から100年ほど前、教祖である戸田よき之によって この地に開かれ、天狗を神の使いとしているため、 数多くの天狗が祀られているというわけです。

天狗山の看板には以下のように書かれていました。
こびの天狗山 荒薙教
ここは、こびの天狗山荒薙教と称します。
今から百余年前に戸田よき教祖が各地の霊山で艱難苦行(かんなんくぎょう)の末、 この地に開山されました。
祭神は主祭荒薙大神をはじめ御嶽大神、白姫明神をお祭りするほか、境内には大神の お使い役として神出鬼没神通力で名高い天狗さまが各所に見られ、中でも西方にそびえる大天狗は 高さ十二メートル余りあり「日本一」の偉容を誇っています。 また神域の一角には観音堂や子育地蔵尊・最上稲荷もお祭りされており、祈願成就の 神様としてしられています。
神殿の位置する愛宕山(天狗山)は、その昔飛騨川北西にそそり立つ断崖絶壁の要塞であり、 天正年間にはこの地に牛ヶ鼻砦(うしがはなとりで)が築かれ戦国時代の武将の砦でもありましたが、 現在では眼下に飛田木曽川公園「青柳阻水湖(あおやぎそすいこ)」が名所の一つに数えられています。
昭和六十二年二月 美濃加茂市
看板より引用


この看板を上がっていくと、駐車スペースと大天狗像があります。


駐車場に着くとすぐに大天狗が目に入ります。
正面からのアングル。周りの木々と比べると、像の巨大さがわかるかと思います。
周囲から聞こえてくる笛の効果もあってか、不思議な雰囲気が漂っています。


今度はアップで撮ってみました。すごい眼力です。
どっしりと座っている様も、迫力があります。


駐車場の正面にある大きな建物。ここでは食事会なども行われるようです。


大天狗以外にも天狗像があります。こちらは鳥居前の天狗。強そうでカッコいい。


いたるところに天狗が祀ってあります。




所在地 〒505-0021 岐阜県美濃加茂市森山町3丁目5−57
駐車場 無料
TEL 0574-26-1331(荒薙教社務所)
URL http://www9.ocn.ne.jp/~tengusan/




岐阜県の日本一へ戻る